大卒就職率、3年連続上昇!

2007年02月25日

大卒就職率、3年連続上昇!


スポンサード リンク


さてさて、ちょっと遅くなりましたが、大卒予定者の就職率に関するニュースをご紹介します。

文部科学省と厚生労働省が発表した「平成18年度(2006年度)大学等卒業者就職状況調査」によると、来春卒業予定の大学生(現在4年生)の就職内定率は68.1%(10月1日現在)で、昨年同期を2.3ポイント上回り、3年連続の上昇となったようです!

この調査は文部科学省と厚生労働省が例年10月、12月、2月、4月の4回、共同で実施したもので、今回の数値は昨年の10月1日(日)時点での調査にもとづいています。

2006年度(2007年3月)大学卒業見込みの大学生は53万2千人、就職希望者数は39万6千人(就職希望率74.2%)で、このうち26万9千人の就職が内定したそうです。

国公立/私大別に見ると、国公立大学が70.3%(4.0ポイント上昇)、私立大学が67.5%(1.9ポイント上昇)となっています。

文系/理系別では、私立大理系が73.1%(0.7ポイント上昇) でもっとも高い内定率を示していますね。次いで、国公立文系が70.5%(2.4ポイント上昇)、理系が69.9%(7.3ポイント上昇)、私立文系は66.7%(2.2ポイント上昇)となっています。

男女別に見ると、男子の内定率が69.6%(1.5ポイント上昇)、女子が66.4%(3.5ポイント増)で、ともに上昇しています。

大学、短期大学、高等専門学校全体の就職内定率は66.4%で、前年同期を4.1ポイント上回っています。

就職率上昇の背景には、やっぱり、景気の回復や団塊の世代が定年を迎える「2007年問題」の影響があるんでしょうね。

ぼくが大学を出たころなんか、不況で就職が厳しく、就職浪人続出でした。大学に入るのも出るのも厳しい時代だったので、今の状況をみると恵まれているなぁと思ってしまいます^^;

最終的な就職率の調査は来年4月1日に行われ、5月上旬に発表されるます。今年度(2006年度)の4月1日時点の大卒者就職率は95.3%でしたが、来年度はどうなるでしょうか?
posted by 大学偏差値情報局 at 16:33 | TrackBack(0) | お役立ち情報
この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

大学偏差値ランキング| 偏差値の上がる話国公立大学偏差値一覧私立大学偏差値一覧資格試験強い大学偏差値ランキング| 就職に強い大学偏差値ランキング| 研究評価の高い大学&大学教授ランキング| お役立ち情報|
Copyright (c) 大学偏差値ランキング ALL Rights Reserved.