英熟語(句動詞)記憶法(2):英語の偏差値の上がる話

2011年06月17日

英熟語(句動詞)記憶法(2):英語の偏差値の上がる話


スポンサード リンク


大学偏差値情報局です。

前回に引き続き、今回も英熟語(句動詞)の覚え方をご紹介します。「英熟語(句動詞)記憶法(2):英語の偏差値の上がる話」と題して、句動詞型の英熟語のパターンをガンガンご紹介していきますね!

前記事を読んでいない方のために簡単に復習すると、句動詞型の英熟語では、後ろの形が同じ動詞はだいたい同じ意味になるのでしたね。

では、前回ご紹介した例の他にどのようなパターンがあるかというと、、、

句動詞型英熟語のパターン

※( )の中の動詞はこのパターンの例です。

1.V + A with B : 

@AにBを与える(provide) 

AAをBと結びつける(associate)


2.V + A on B : 

AをBに与える(impose)


3.V + A into B : 

AをBに変える(translate)


4.V + A of B : 

@AをBに知らせる(inform)

AAからBを奪う(rob)


5.V + A from B : 

@AからBを引き出す(order) 

AAからBを引き離す(tell)


6.V + A to B

AをBの方に向ける(leave)


7.V + A for B

@AをBと交換する(exchange)

AAをBのことでほめる・責める(praise/blame)



ここからは広い意味での第5文型のパターンです。

8.V + O to do

Oをdoする方に向ける(force)


9.V + O into doing

Oをdoする方に向ける(persuade)


10.V + O from doing

Oをdoしない方に向ける(prevent)


11.V + O out of doing

Oをdoしない方に向ける(dissuade)


12.V + A as B

AをBだと思う・言う(regard)


13. V + A to be B

AをBだと思う・言う(suppose)


これくらいおさえてOKでしょう。

やる気のあるあなたは、まず上のリストをコピペしてプリントアウトして下さい。そして、パターンごとにお手持ちの熟語集で確認してみましょう。このとき、前置詞のイメージ・原義に注意して英熟語の意味を理解するようにして下さい。

また、学校のリーダーの授業などでこのパターンに出会ったら逐一確認をとってみるのも効果的。きちんと理解がとれていれば、何度か出会ううちに自然に覚えてしまうと思います。

最後におすすめの参考書を。英熟語を覚えるなら、Z会の『解体英熟語』がいちばんいいと思います。『解体英熟語』のいいところは、それぞれの英熟語に対して詳しい解説がついていることですね。とくに、前回から強調している前置詞のイメージをきちんと解説してくれているので、これを読むことで、なぜその英熟語がそういう意味になるのかが理解でき、とっても記憶しやすいです。一度書店で手にとって見てくださいね。
posted by 大学偏差値情報局 at 04:29 | TrackBack(0) | 偏差値の上がる話:大学受験勉強法
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/210260602

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

大学偏差値ランキング| 偏差値の上がる話国公立大学偏差値一覧私立大学偏差値一覧資格試験強い大学偏差値ランキング| 就職に強い大学偏差値ランキング| 研究評価の高い大学&大学教授ランキング| お役立ち情報|
Copyright (c) 大学偏差値ランキング ALL Rights Reserved.