英熟語(句動詞)記憶法:英語の偏差値の上がる話

2011年06月17日

英熟語(句動詞)記憶法:英語の偏差値の上がる話


スポンサード リンク


大学偏差値情報局です。

今日は英熟語の記憶法について書いてみたいと思います。

大学受験生は英単語を覚えるのがたいへんで、英熟語まで手が回らないという方も多いのではないでしょうか。そこで、今回は英熟語学習を加速する秘訣をご紹介してみたいと思います。句動詞に的をしぼってお話ししましょう。句動詞とは、簡単に言って、動詞と前置詞/副詞がセットになって意味を作る英熟語のことです。「look at 〜」みたいな。

実は、これには秘密があるのです。

その秘密とは、、、

英熟語(句動詞)の秘密

句動詞型の英熟語の秘密、それは、後ろに続く形が同じ句動詞はだいたい同じ意味になる、ということです。

具体例を挙げたほうがわかりやすいので、早速一題やってみましょうか。


問題1 次の英文を訳してみてください。

The new position invested her with a good deal of responsibility.

どうでしょう?訳せましたか?

まさか、こんなふうに訳してませんよね?「新しい地位が、多くの責任とともに彼女に投資した」。これでは、意味不明。

たしかに、investとは「投資する」という動詞として辞書に載っています。でも、この文のinvestは、「投資する」という意味にはなりません。

なぜか?

実は、investを知らなくてもこの文は訳せるのです。

どういうことか?

つまり、動詞の後ろに「A with B」という形を取る句動詞は、おおむね「AにBを与える」という意味になるのです。句動詞の意味を考えるときは、前置詞のイメージが大切。withは「二つのものが出合って一緒に行く」というイメージです。ですから、「A with B」は「AにBが合流する」感じになります。だから、この型の句動詞は「AにBを与える」という意味になるのです(このときのwithを「供給のwith」といいます)。

このパターンには、例えば、

provide A with B(AにBを与える)
supply A with B(AにBを与える)
leave A with B(AにBを任せる、預ける)
reward A with B(AにBで報いる)

などなど、たくさんありますね。

よって、問題1の正解は、「新しい地位は彼女に多大な責任を与えた」(直訳)となります。つまり、「新しい地位について、彼女は多大な責任を抱えることになった」という意味であると理解できます。

ということは、investの意味を知らなくても、このパターンさえ知っていれば訳せるということになりますね。これが句動詞をパターンで覚える最大のメリットです。長文中で知らない句動詞に出会っても、パターンさえ知っていれば、なんとか訳せるんですよ。

ちなみに、「V + A with B」には、「AをBと結びつける」という意味もあります。上で説明したように「A with B」は「AにBが合流する」感じなので、「AをBと結びつける」という意味にもなります。

例えば、

combine A with B(AをBと結びつける)
associate A with B(AをBと結びつけて考える、AでBを思い出す)
compare A with B(AをBと比較する)

などなど。

では、次の問題にいってみましょう。

問題2 次の英文を訳してみてください。

He invests a lot of money in stocks.

どうでしょうか?

今度は、「彼は多額の金を株に投資している」でOKです。

なぜなら、「V + A in B」というパターンは「AをBの中にを入れる」という意味になることが多いからです(inのイメージを思い出してください)。つまり、「多額の金を株の中に入れる→投資する」というわけです。

もちろん、こうしたパターンには例外があります。すべての法則には例外がつきもの(←という法則にも例外があるはず)。でも、例外があるからといって、多くの場合に当てはまるパターンを捨ててしまうのはあまりにもったいないですね。

まとめましょう。

句動詞型の英熟語をパターンで覚えるメリット

句動詞型の英熟語をパターンで覚えるメリットは次の2つです。

1.記憶しやすい

2.長文中で未知の句動詞に出会っても、パターンを覚えていれば意味が類推できる

つまり、句動詞はパターンで覚えるのが吉。具体的には、

1.まずパターン(動詞の後ろに続く形とそれに対応する意味)を理解する(このとき、前置詞や副詞のイメージに注意すること)

2.そのうえで、個々のイディオムを覚える(必ず例文で)

という手順でやってみてください。例えば、まず「V + A with B = AにBを与える/AをBと結びつける」という句動詞のパターンを理解し覚えます。そのうえで、個々の熟語を例文で確認していきましょう。

こうやってまとめて覚えたほうが、ひとつひとつばらばらに覚えるよりも記憶しやすいのです。これを記憶術では「組織化(Organization)」と言います。

次回は、句動詞のパターンをいくつか紹介してみます。
posted by 大学偏差値情報局 at 04:18 | TrackBack(0) | 偏差値の上がる話:大学受験勉強法
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/210259831

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

大学偏差値ランキング| 偏差値の上がる話国公立大学偏差値一覧私立大学偏差値一覧資格試験強い大学偏差値ランキング| 就職に強い大学偏差値ランキング| 研究評価の高い大学&大学教授ランキング| お役立ち情報|
Copyright (c) 大学偏差値ランキング ALL Rights Reserved.