大学別生涯給料ランキング(2009):週刊東洋経済2009.10.24

2011年05月20日

大学別生涯給料ランキング(2009):週刊東洋経済2009.10.24


スポンサード リンク


大学偏差値情報局です。

今回は、大学別生涯給料ランキング(2009)を『週刊東洋経済』の記事からご紹介します。

ランキングは、卒業生の主な就職先企業の生涯給料を、企業の平均年収や厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査などを使って推計し、それを就職人数で掛け合わせ、加重平均して算出したものものです。

大学別生涯給料ランキング(2009)

※数値は、生涯給料(万円)、30歳推計年収の順。
1位 神戸女学院大学 34,779万円 702万円

2位 聖心女子大学 34,112万円 695万円

3位 一橋大学 33,789万円 699万円

4位 白百合女子大学 32,964万円 665万円

5位 東洋英和女学院大学 32,938万円 673万円

6位 東京女子大学 32,900万円 667万円

7位 清泉女子大学 32,818万円 671万円

8位 慶応義塾大学 32,599万円 673万円

9位 甲南女子大学 32,448万円 653万円

10位 学習院女子大学 32,371万円 668万円

11位 フェリス女学院大学 32,112万円 656万円

12位 東京大学 31,929万円 662万円

13位 神戸松蔭女子学院大学 31,867万円 652万円

14位 学習院大学 31,784万円 656万円

15位 共立女子大学 31,778万円 654万円

16位 日本女子大学 31,600万円 653万円

17位 同志社女子大学 31,577万円 650万円

18位 国際基督教大学 31,395万円 660万円

19位 成城大学 31,261万円 643万円

20位 南山大学 31,253万円 646万円

出典)週刊東洋経済2009.10.24

女子大が多いことに驚き。ランキングの20位中13校が、10位中なら8校までもが女子大です。実際、記事によると1位の神戸女学院大学や2位の聖心女子大学は、生涯給料が高い金融系企業への就職が非常に多かったそうです。「女子大が大健闘した結果」と記事は評価しています。

本当かね。

この結果を見て、お金持ちになりたいから女子大に行こう!って思った方は少しナイーブ。ランキングは、「卒業生の主な就職先企業の生涯給料を、企業の平均年収や厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査」などを使って推計したとあります。女子大の場合、この「卒業生」はいうまでもなく女子です。しかし、彼女らの「主な就職先企業の生涯給料」には、もちろん男子の生涯給料も入っています。というか、ほとんどの企業では、女子社員よりも男性社員の方が多いでしょう。さらに、日本の企業の会社内における地位・所得に、ジェンダー格差があるのは、悲しいかな事実です(わたしたちがニュースでよく見るように、謝罪会見であたまを下げる「おえらいさん」はほとんど男)。したがって、女子大生の「主な就職先企業の生涯給料」の半分以上は、企業を牛耳っている男たちが稼ぎ出したもののはず。「寿退社」する女子社員を考慮に入れたら、下手をすると「企業の生涯給料」の大半は男性社員によって稼ぎ出されているのかもしれない。

というわけで、このランキングを鵜呑みにはできませんと思います(だったら紹介するな)。ちょっと意地悪に聞こえるかもしれませんが、これを言っておかないと「生涯給料」の男女格差を隠蔽することになってしまうので。
posted by 大学偏差値情報局 at 04:10 | TrackBack(0) | 大学ランキング
この記事へのトラックバック

スポンサード リンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。

大学偏差値ランキング| 偏差値の上がる話国公立大学偏差値一覧私立大学偏差値一覧資格試験強い大学偏差値ランキング| 就職に強い大学偏差値ランキング| 研究評価の高い大学&大学教授ランキング| お役立ち情報|
Copyright (c) 大学偏差値ランキング ALL Rights Reserved.